東京 恵比寿・青山で小顔になるならBIKOTSUZERO(ビコツゼロ)!

東京恵比寿の小顔・顔のゆがみ矯正 お問い合わせはコチラ
無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正 無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正

寝姿勢と歪みの関係とは⁉️【小顔・顔の歪み専門 BIKOTSU ZERO】

2019年4月15日

こんにちは😊

 

 

いつもご閲覧頂きありがとうございます。

 

 
今回は、“普段の寝姿勢“によって引き起こされる

 

“歪み”

 

についてお話ししていきたいと思います。
 
 

 

寝姿勢は主に

 

1.仰向け


2.横向き


3.うつ伏せ

 

大きく分けると3つに分類されます。

 

 
しかし、この3つの中で”特に”顔や身体に歪みを引き起こしやすい“寝姿勢”があります。

 

 

皆さんはわかりますか?

 

 

正解は、、、、

 

 

 

 

【うつ伏せ寝】です!

理由は2つ

 

1つは、うつ伏せで寝ると必ず首をどちらかに向けて寝るので、首の歪みを招きやすい。

2つめは、下に来ている左右どちらか片側の”顔(特に顎)”がベッドに圧迫され持続的に圧力がかかる事により”頭蓋骨に歪みが生じやすくなります。

 

 

その歪みが原因で顔が大きく見えてしまったり、首コリ・肩コリの原因にもなってしまうことがあります。

 

 

では“歪みにくい”理想の姿勢は、、、、

 

 
 
【仰向け寝】

F85BE689-6AEB-4027-AD41-6433A8FD6EDB

になります。

 
 
ただし、1点だけ注意点があります⚠️

 
【骨格に歪みがある状態】で無理に仰向けで寝る事は

特に”腰”へ負担が大きくかかりやすくなり”腰痛”を引き起こす可能性もあります。
 
 
※朝起きた際に腰や背中に違和感を感じた場合は無理をせず、今は寝やすい姿勢で寝るようにして下さい。

 

 

 

 

 顔の歪みの原因は”生活習慣”や”仕事柄”等様々ですが
 

実は【普段の寝姿勢】が影響していた

 

というお客様も数多くいらっしゃいます。

 

 

今一度自分の“寝姿勢”を改めて見つめ直してみて下さい🌟

 

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 
最後まで読んで頂きありがとうございました😄