東京 恵比寿・青山で小顔になるならBIKOTSUZERO(ビコツゼロ)!

東京恵比寿の小顔・顔のゆがみ矯正 お問い合わせはコチラ
無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正 無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正

顔の歪みを改善する事のメリット(1)  【小顔・顔の歪み矯正専門サロンBIKOTSUZERO恵比寿】vol.8

2016年3月14日

いつもご閲覧ありがとうございます!

 

 

 

毎週月曜のブログを担当している院長高野直樹です。

 

 

 

今回は『顔の歪みを改善する事のメリット』について臨床での生の声を元に、これから3週に渡り解説付きでご紹介しようと思います。

 

 

顔の歪みを改善することは、美容面・健康面共に非常にメリットがあります。

 

 

 

是非、参考にしてもらえればと思います。

 

 

 

宜しくお願い致します!

 

 

 

クライアントさんの声その① 『顔が小さくなった』

 

 

顔の歪みを改善させる事によって、

 

 

最も多い声が「顔が小さくなった」「痩せた?と最近よく言われる」

 

 

顔の大きさについての声が非常に多いのが特徴です。

 

 

では、なぜ顔の歪みを改善させる事で、このような声が多いのか?

 

 

基本的に顔が大きくなる原因の1つに、頭蓋骨の歪みが含まれます。

 

 

詳しくは以前ブログで説明させて頂いたので下記をご参考にしてもらえればと思います。

 

↓  ↓  ↓

https://bikotsu-zero.com/blog/?p=397

 

ほとんどの方が、歪みのせいで本来の大きさよりも大きくなっている(または大きく見える)ので、

 

 

その歪みを元の位置に戻してあげる事で、本来の大きさ(見た目)を取り戻すことができます。

 

 

 

クライアントさんの声その② 『フェイスラインがシュッとなった』『エラがシャープになった』

IMG_1472

 

 

フェイスラインは、顔の横幅が広くなるような歪み方をしている場合、もしくはアゴの骨(下顎骨)が歪んでいると

 

 

丸く見えたり、エラが張ってるような顔になってしまいます。

 

 

この歪みによってフェイスラインが崩れている方は、単純に頭蓋骨を解剖学的に正しい元の位置に骨を戻してあげると

 

 

綺麗なフェイスラインが姿を現します。

 

 

※上記の画像は施術回数1回での結果です。

 

 

 

クライアントさんの声その③ 『頬(ほほ)の出っ張りが気にならなくなった』

IMG_1660

 

 

頬の出っ張りは、当サロンでも改善したくて、お越し頂く方が非常に多いです。

 

 

頬の部分は、小顔矯正では、よくおもいっきり押さえつけられる代表的な部位ですね。

 

 

まず、結果から言うと、頬(ほほ)は頭蓋骨全体のバランスを考えずに、力いっぱい押さえつけると、余計に歪みが生じます。

 

 

特に顎関節に大きなダメージを与えてしまう可能性が非常に高いです。

 

 

そのことについても、以前のブログで理由を紹介していますので、気になる方は下記をご覧下さい。

 

↓  ↓  ↓

https://bikotsu-zero.com/blog/?p=627

 

 

 

クライアントさんの声その④ 『アゴの歪みが改善した』

B&A

 

 

この『アゴの歪みが改善した』という声も当サロンでは多数挙がっております。

 

 

元々、アゴの関節は構造や関連部位、解剖学が理解できていないと正確な矯正が非常に難しい箇所です。

 

 

むやみやたらに押さえつけたり、構造も理解せずに矯正を行うと非常にリスクも高くなりますので注意が必要です。

 

 

特に下アゴ(下顎骨)の歪みは、フェイスラインを崩したり、左右非対称な顔にしてしまったりと、

 

 

健康面だけではなく、見た目の美容面でも悪影響を出してしまうので、

 

 

もし自分で鏡を見ても分かるくらい歪んでいる人は、早めにしっかりとした施術院で診てもらう事をオススメします。

 

 

今回はこれくらいにして、次回はもう少し細かな歪みについての改善例を元に解説したいと思います。

 

 

本日も、最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

(今回のまとめ)

顔の歪みを改善することは、美容面・健康面共に非常にメリットがある

歪みを元の位置に戻してあげる事で、本来の大きさ(見た目)を取り戻すことができる

頭蓋骨を解剖学的に正しい元の位置に骨を戻してあげると綺麗なフェイスラインが姿を現す

頬(ほほ)は頭蓋骨全体のバランスを考えずに、力いっぱい押さえつけると、余計に歪みが生じる

アゴの関節は構造や関連部位、解剖学が理解できていないと正確な矯正が非常に難しい箇所

下アゴ(下顎骨)の歪みは、フェイスラインを崩したり、左右非対称な顔にしてしまう

 

 

NAO

総院長 高野直樹

NAOKI TAKANO

 

 

 整骨院・リラクゼーションサロンの経験を経て、整体やマッサージ療法の腕を磨き、数多くの手技を習得。整形外科リハビリ室での勤務も経験し、様々な症状とも向き合いながらクライアントを治癒へと導いてきた。

 

現在、全国でもトップレベルの整骨院9店舗の治療技術指導にあたりながら、自らも現場に立ち、独自の技術で10年間に延べ60,000人以上のクライアントを診る。

 

国家資格者・整体師・エステティシャン等が骨格矯正技術を学ぶ学校の教科書も作成し、これまで数々の革新的な小顔矯正技術・身体の骨格矯正技術を世に送り出してきた骨の職人。

その技術が話題を呼び、来院されるお客様は国内だけに留まらず、わざわざ海外からも訪れるほど。

 

その他、大手エステサロンの骨格矯正の技術顧問にも就任した経歴を持ち、ファッションショーの舞台裏でスーパーモデル・タレントの美容矯正も任される。独自の技術と理論を元に、OL、主婦からスポーツ選手、タレント、女優、アイドル、モデルまで幅広い層からも絶大な支持を得ている。