東京 恵比寿・青山で小顔になるならBIKOTSUZERO(ビコツゼロ)!

東京恵比寿の小顔・顔のゆがみ矯正 お問い合わせはコチラ
無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正 無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正

小顔矯正でよく聞くトラブルは何故起こるのか?(2)  【小顔・顔の歪み矯正専門サロンBIKOTSU ZERO恵比寿】 vol.6

2016年2月29日

いつもご閲覧ありがとうございます!

 

 

 

毎週月曜のブログを担当している総院長の高野直樹です。

 

 

 

前回、小顔矯正でよく聞くトラブルで「余計に顔が歪んだ気がする」という声について説明させてもらいましたが、

↓↓↓前回のブログです。

https://bikotsu-zero.com/blog/?p=455

 

 

今回は「顎(あご)の調子が悪くなった」について、なぜこのような声が出てきてしまうのか、私なりの考えを書かせてもらおうと思います。

 

 

まずは、施術によって顎(あご)の調子が悪くなるという事は、具体的に言うと

 

 

・痛みが出る

 

・音が鳴るようになった

 

・見た目で歪んだ気がする

 

 

 

この3つが多いような気がします。

 

 

 

では、なぜこのような症状が出てしまうのでしょうか?

 

 

 

顎関節の構造は非常に複雑で、専門の知識が必要になる重要な関節です。

 

 

 

過去に小顔矯正に行かれた事がある方は、心当たりがあるかもしれませんが、頬(ほほ)をおもいっきり押さえつけられた事はありませんか?(^_^;)

 

 

 

実は、頭蓋骨はこのように1ヶ所を強く押さえ付けると、その押さえつけられた骨の周辺も一緒に動いてきます。

 

 

 

この現象が、歪みをひどくしてしまったり、顎(あご)の調子を悪くする原因になっている可能性が非常に高いんです。

 

 

 

今回は、「痛いくらい押さえ付けられた!」と声が圧倒的に多い、頬(ほほ)を例に挙げて説明しますね。

 

 

 

まず結果から言うと

 

 

 

『頬(ほほ)はおもいっきり押さえつけられると、顎(あご)はかなりの確率で歪みます』

 

 

 

理由は、この画像をご覧下さい。

 

IMG_1579

頬(ほほ)の出っ張りが気になる方も多いので、おもいっきり押し込んで欲しい!という気持ちは分かります。

 

 

 

しかし、画像を見て頂くと、 『頬の骨(頬骨)』 は 『側頭骨』 という骨と隣接してるのが分かると思います。

 

 

 

この頬骨と側頭骨のつなぎ合わせ目を『頬骨側頭縫合』(きょうこつそくとうほうごう)と言います。

 

 

 

頬骨側頭縫合は口の開閉時、微妙な動きによって顎(あご)の動きをスムーズにする為の手助けをしています。

 

 

 

そして、この頬骨と隣接している側頭骨に、顎(あご)の関節がくっついています。

 

 

 

要するに、頬骨(ほほの骨)をおもいっきり押さえつける事により、側頭骨も微妙に動いてしまい、左右の顎(あご)の位置がズレてしまう可能性が非常に高くなるという事です。

 

IMG_1579

 

何となくお分かり頂けましたでしょうか?

 

 

 

今回は『頬骨』を例にとって説明させてもらいましたが、頭蓋骨は球体をしているので、必ず隣接している骨があります。

 

 

 

ですので、頬骨に限らず1つの骨を動かすという事は、他の骨も動いているという事です。

 

 

 

頭蓋骨球体として捉え、バランスをしっかりと診ながら、微妙な調整を行う事ができれば、顔は勝手に小さくなるんです。

 

 

 

いくら小顔になったからと言って、余計に顔が歪んで見えたり、頭痛や肩こりがひどくなったり、顎の調子が悪くなるなんてイヤですよね?(-_-;)

 

 

 

だからこそ、今流行で全国的に広がってしまった小顔矯正について、消費者側もある程度の情報や知識が必要になってきています。

 

 

 

是非、お店やサロン選びの参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

次回は、「顔と身体の密接な関係」について書きたいと思います!

 

 

 

今日も最後までお読み頂き有難うございました!

 

(今回のまとめ)

・顎関節の構造は非常に複雑で、専門の知識が必要になる重要な関節

・頭蓋骨は1ヶ所を強く押さえ付けると、その押さえつけられた骨の周辺も一緒に動く

・頬(ほほ)はおもいっきり押さえつけられると、顎(あご)はかなりの確率で歪む

・頭蓋骨を球体として捉え、バランスをしっかりと診ながら、微妙な調整を行う事ができれば、顔は勝手に小さくなる

・これからは小顔矯正について、消費者側もある程度の情報や知識が必要

 

NAO

総院長 高野直樹

NAOKI TAKANO

 

 

 整骨院・リラクゼーションサロンの経験を経て、整体やマッサージ療法の腕を磨き、数多くの手技を習得。整形外科リハビリ室での勤務も経験し、様々な症状とも向き合いながらクライアントを治癒へと導いてきた。

 

現在、全国でもトップレベルの整骨院9店舗の治療技術指導にあたりながら、自らも現場に立ち、独自の技術で10年間に延べ60,000人以上のクライアントを診る。

 

国家資格者・整体師・エステティシャン等が骨格矯正技術を学ぶ学校の教科書も作成し、これまで数々の革新的な小顔矯正技術・身体の骨格矯正技術を世に送り出してきた骨の職人。

その技術が話題を呼び、来院されるお客様は国内だけに留まらず、わざわざ海外からも訪れるほど。

 

その他、大手エステサロンの骨格矯正の技術顧問にも就任した経歴を持ち、ファッションショーの舞台裏でスーパーモデル・タレントの美容矯正も任される。独自の技術と理論を元に、OL、主婦からスポーツ選手、タレント、女優、アイドル、モデルまで幅広い層からも絶大な支持を得ている。