東京 恵比寿・青山で小顔になるならBIKOTSUZERO(ビコツゼロ)!

東京恵比寿の小顔・顔のゆがみ矯正 お問い合わせはコチラ
無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正 無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正

あれ?足の太さが違う…。 原因は◯◯なんです‼️【小顔・顔の歪み専門サロン BIKOTSU ZERO】

2019年10月24日

こんにちは!

 

いつもご閲覧頂き有難うございます

 

10月も中旬となり、本格的に秋のシーズンが到来ですね

 

 

突然ですが

 

普段生活をしている中で、足の太さに“左右差”を感じた事はありませんか?

 

 

30D6D81C-6B78-4D2A-B098-8F1238DC8E3E

 

実は、自分では気づかない内に足の太さに“左右差”が出ている方は多くいらっしゃいます。

 

また、自覚をされていてもダイエット筋トレ等では、なかなか足の太さの“左右差”については解消しづらいですよね。

 

 

そこで、今回はこの「原因」と「対策」についてご紹介します。

 

 

この記事を見て頂いてるあなたには、左右均等な”綺麗な足“になって欲しいので

 

これからお伝えする”2点“を是非参考にして頂ければと思います。

 

 

 

足の太さの左右差の主な原因の1つ目は・・・“骨盤の歪み”が大きく影響しています🧐

 

 

骨盤は歪む事で“足の長さ”に左右差が出やすくなります。

 

 

その足の長さが違う事が原因で

 

 

筋肉の“使いやすい側”と“使いづらい側”が出てしまい

 

 

特に使いやすい側の足の筋肉がより“発達”し大きくなってしまう事が原因で、足の太さに“左右差”が出てしまいます

 

 

※骨盤が歪む事で、足の長さが変わってしまう原理についてはこちらでご紹介しています

【骨盤の歪みによる美容・健康面のデメリットとは?】

https://bikotsu-zero.com/blog/?p=995

 

 

こういった理由から、“骨盤が歪んだ状態”は足の太さに左右差が出やすくなってしまいます

 

 

また、骨盤等の骨格が歪み、身体のバランスを崩している状態での過度なトレーニング”は、左右差が出るだけではなく、腰痛やひざ痛などの症状にも影響してしまう事があるので、注意が必要です。

 

 

その為、日常生活の中で“筋肉”を左右バランスよく使えるようにする為には、まず骨盤の歪みを整えるという事が重要となります。

 

 

骨盤を歪みにくくする為に、日常でどのように意識すればいいのかは、最後にまとめていますので、ご参考にして頂ければと思います。

 

 

原因の2つ目は・・・”日常での悪い癖“です

 

 

普段の生活の中での“歩き方”や立っている際についつい“体重を片足に掛けてしまう”等の“悪い癖”によっても足の太さに左右差はでてしまいます

 

 

この日常での悪いクセは、普段の意識でしか改善することができません。

 

 

ですので、“今すぐ出来る”皆さんに是非意識して頂きたい簡単なポイントとしては

 

“立っている時は片足だけに体重をかけない“

”足は、できるだけ組まないようにする“

床に座る時は、女性に多い横すわりは避ける

デスクワークの人は、定期的に(できれば30分に1回)立ち上がり少し体を動かす

特に股関節周り(開脚等)のストレッチを普段から心掛ける

 

等のちょっとした意識が大きな結果につながります。

 

 

左右差のない綺麗な足にする為、今回の内容が少しでも参考になれば幸いです

 

最後までお読み頂き有難うございました☆