東京 恵比寿・青山で小顔になるならBIKOTSUZERO(ビコツゼロ)!

東京恵比寿の小顔・顔のゆがみ矯正 お問い合わせはコチラ
無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正 無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正

食事の際のちょっとした意識でフェイスラインは変わります!【小顔・顔の歪み専門 BIKOTSU ZERO】

2017年6月15日

いつもご閲覧頂きありがとうございます。

 

 

今回は

食事の際に【片側を多く使って噛む癖】についてご紹介します。

 

IMG_8091

 

 

普段、”気づかずにやってしまっている”方や

気づいていながらも”ついついやってしまう”という方もいらっしゃると思います。

 

 

この癖が長期間続いてしまうと・・・

 

△フェイスラインが横に広がって(エラが張ったように)見えてしまう。

△フェイスラインに左右差が出来る

△顎を含む頭蓋骨の歪み

△偏頭痛

△首や肩のコリ

 

といった症状が出やすくなります。

 

 

ちなみに、この癖によって咀嚼筋(噛むときに使う筋肉)が固くなり、

フェイスラインのバランスが崩れてしまうものに関しては

 

”矯正”で変える事が非常に困難になります。

 

理由としては、特にアゴの筋肉の使い過ぎによる”ハリ”や”固さ”は骨格の歪みを整えても変化しづらいからです。

 

 

 

さらに、この片側で噛むクセによって、顎が非常に歪みやすくなります。

 

ですので、左右均等なフェイスラインにしていく為には

 

歪んでしまった骨格を”矯正”によって整えながら

普段の生活の中で”両側の歯を出来る限り均等に使って食事をする”

この意識をいかに継続していくかが非常に重要になります。

 

 

まずは、今日から出来る日常の中での意識を少しずつ変え

今までよりも頭蓋骨を歪みにくく、フェイスラインの左右差を均等にしていきましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!