東京 恵比寿・青山で小顔になるならBIKOTSUZERO(ビコツゼロ)!

東京恵比寿の小顔・顔のゆがみ矯正 お問い合わせはコチラ
無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正 無痛は当たり前、身体から治す小顔矯正

歪みがきつい状態で運動するとどうなるの?【小顔・顔の歪み専門 BIKOTSU ZERO 恵比寿】

2017年2月8日

いつもご閲覧頂きありがとうございます。

 

 

突然ですが

当サロンには、全身の歪みを整える為、プロスポーツ選手もご来店頂いております。

 

店内写真サイン1

※画像左上に広島東洋カープ中村選手、その右側に東京ヤクルトスワローズ川端選手

 

 

 

皆様も趣味や健康維持の為、スポーツやランニング、定期的にジムに通われている方

 

その他にも体型維持やダイエット目的で運動をされている方もいらっしゃると思います。

 

 

実は、骨格の歪みがきつい状態で激しい運動をする事によって

 

△歪みがさらにきつくなる事がある

△肩こり・膝痛や腰痛等を引き起こしやすくなる

 

等、他にも様々なデメリットを引き起こしやすくなる場合もあります。

 

 

大きな原因としては、骨格に歪みがある状態では

 

『足の長さに左右差がでてしまう』等、身体全体のバランスが崩れやすくなり

 

全身の筋肉に『使いやすい筋肉』と『使いづらい筋肉』といった差が出やすくなります。

 

ですので、そのバランスが崩れた状態で激しい運動を続ける事で

 

身体全体の歪みをさらに引き起こしやすくなる可能性が高くなります。

 

 

 

また、歪みがある状態では

 

下半身太りやお腹、お尻のたるみといった悩みも改善しづらくなる・・・という事にも繋がります

 

加えて、歪みがきつい方に起こりやすい事が『姿勢の崩れ』です。

 

それにより、非常に多くの方が『前重心』になりやすくなります。

 

 

『前重心』になる方には共通して

 

太もも前面・側面の筋肉を多く使いやすくなり、お尻や内ももの筋肉は逆に使いにくい状態になる方がほとんどで

 

例えば、その状態でランニングやジムで激しいトレーニングを続ける事で、太ももの筋肉が発達しやすくなり

 

 

『下半身太りが悩みで運動をしていたのに、よりボリュームが出て、前より太ももが太くなってしまった・・・』

 

という声を当サロンでも良く耳にします。

 

 

ですので、健康面と美容面どちらを考えても、激しい運動を続けられる際には

まずは骨格の歪みを整え、身体のバランスを整えた状態にする事が非常に重要になる。

と当サロンでは考えておりますので、今回の記事が少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

※当サロンの『小顔・顔の歪み矯正』では頭蓋骨を含む、全身約100箇所の矯正をさせて頂いております。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!